BYOD(Bring-Your-Own-Device)プログラムとモノのインターネット(IoT)テクノロジーにより、ネットワークを介して接続されるエンドポイントの数は著しく増加しています。手動プロセスまたは異なるポイントソリューションに依存している場合、これらすべてのエンドポイントと資産の動向を追跡することは困難な場合があります。  
 
ネットワークに接続されたデバイスを制御し、エンドポイント管理タスクを自動化する方法を確認してください。これにより、ライセンスにおけるコンプライアンス規定を満たし、ネットワークがサイバー犯罪者から保護されているという安心感が得られます。複雑な管理タスクを自動化および合理化し、すべてのエンドポイントの可視性と制御を向上させます。

今すぐ手に入れよう